背筋凍る、妖怪たちの夏の夜をお届け

毎年、夏の夜に現れる「奇怪夜行」。

〈伝統工芸×文化財〉妖怪の描かれた提灯を展示するアートイベントです。

福岡県の伝統工芸である「八女提灯」を200年以上作り続けている「伊藤権次郎商店」と毎年の夏に開催しております。

今年は新たに江戸時代創業の歴史ある久留米絣の工房「森山絣工房」も特別にコラボレーションし、奇怪な夏の夜を演出します。

また、立花家史料館では、立花家に伝わる妖怪の絵巻物「芸州武太夫物語絵巻」をご覧いただけます。

2023 年のテーマは「河童」

【8月10日】怪談師 城谷歩氏による怪談イベントを開催

詳細はこちら

立花家に伝わる「妖怪絵巻」に出会う

立花家史料館では、奇怪夜行のイベントの着想にもなった、立花家に伝わる妖怪の絵巻物「芸州武太夫物語絵巻」をご覧いただけます。

芸州武太夫物語絵巻とは三次(現在の広島県三次市)に住む稲生平太郎が、
寛延2年(1749)7月に体験した実話を元にしたものです。

平太郎の体験談は評判となり、実録本や絵本、絵巻が作られるほどでした。
絵巻には16歳の平太郎とお化けの30日間の根競べが描かれています。
毎日さまざまな怪異がおこり、周りの人々はとても怖がりますが、平太郎だけは全く動じません。
そして7月最後の日、物語は衝撃のラストをむかえます。

イベント概要

開催期間:
2023年8月の金・土・日の開催 
4日〜6日/11日〜13日/18日〜20日
時間:18:00〜21:00(最終入場 20:30)

入館料:一般 1,500 円、高校生 1,000 円、小中学生 500 円、未就学児 無料

会場:柳川藩主立花邸 御花/立花家史料館

※ ご来場について
ぜひ西鉄電車等公共交通機関でのご来場にご協力ください。また、敷地内は宿泊者専用駐車場となるため、日帰りのお客様はお近くの有料駐車場などをご利用ください。

主催:伊藤権次郎商店、森山絣工房、株式会社御花 /共催:(公財)立花家史料館 / 企画:株式会社crafcult

協賛:西日本鉄道株式会社、文喫 福岡天神

御花に宿泊して奇怪夜行を楽しむ

奇怪夜行期間中、どのプランで予約されても奇怪夜行の入場チケットをプレゼントさせていただいており、イベント時間内は何度でもお愉しみいただけます。

夜は花火ができる納涼舟のプランや、筑後のドリンクがフリーで楽しめるラウンジ、
朝は6時から朝日が差し込む大広間をご覧いただけます。

妖怪と一夜を過ごす!?妖怪ルームを期間限定で販売

2食付き 朝食付き

妖怪ルーム プレゼント特典

夏の涼をお舟で感じて。

詳細はこちら

100年後へと残したいもの。

〈伝統工芸×文化財〉のチカラ

奇怪夜行は、「妖怪」を通して八女提灯、久留米絣などの伝統工芸や、御花・立花家史料館で受け継ぐ文化財や歴史史料の素晴らしさをもっと知っていただきたい。可能性を模索していきたい。

そういった想いで生まれました。

私たちが生まれる前から脈々と受け継がれ、今の時代にも生きているものたち。
私たちは、これからの「100年後の未来にも残したい。」と思っています。

本イベントを通して、工芸や文化財の本質的な魅力に触れる足掛かりになっていただければとても嬉しいです。

伊藤権次郎商店 8代目 伊藤博紀

詳細はこちら

森山絣工房 6代目 森山浩一

詳細はこちら

柳川藩主立花邸 御花

詳細はこちら

〈主催〉

伊藤権次郎商店

福岡県八女市にある創業してから200年以上の歴史ある提灯屋。重要文化財や神社仏閣などの装飾用の提灯を作り続けています。8代目伊藤博紀氏は伝統を守りながらも、世界的に有名な会社が制作する映画の美術セットやインテリア等に展開するなど、新たな提灯の可能性を広げる活動にも力を注いでいます。

https://www.instagram.com/chochinkozo_8/?hl=ja

森山絣工房

安政5年(1858年)創業の歴史ある久留米絣の工房。久留米絣の工程は30工程ほどあり、今日では大半が機械織りで生産されている状況の中で、重要無形文化財に則った久留米絣の工程を守り続ける数少ない工房の一つです。

https://www.instagram.com/ai__moriyama/?hl=ja

柳川藩主立花邸 御花

約400年の大名文化を今も柳川藩主の末裔が受け継ぎ、運営している老舗料亭旅館。現在、伯爵家時代の邸宅と庭園を含む約7000坪の敷地全体が国指定名勝に指定されており、文化財の新たな魅力を創出するため、様々な体験を企画し、提供しています。

https://www.instagram.com/tachibanateiohana/

〈共催〉

立花家史料館

国指定名勝「立花氏庭園」内にあり、公益財団法人立花財団が運営する博物館です。戦国武将・立花宗茂を藩祖とする柳川藩立花家伝来の美術工芸品、いわゆる大名道具の展示を通じて、立花家の歴史文化を紹介しています。所蔵品は柳川藩主立花家伝来の文書・美術工芸品が中心で、国宝1点、重要文化財3点他、約3万点の歴史資料から構成されます。400年の長い時間をかけて形成され、連綿と受け継がれてきた貴重な資料群です。

http://www.tachibana-museum.jp 


立花家史料館

詳細はこちら