水の都 柳川

水に守られ、水と生きる

柳川の中心部には、たった2km四方に60kmもの水路が張り巡らされています。
柳川市全域ではなんと930kmです。

なぜこんなにも長いのでしょうか。
それは、もともと柳川の一帯は海だったからです。
柳川は日本一干満の差(6メートル)を生み出す有明海と共にある地域です。

掘っても真水を得ることができない地形のため、
土を掘り、陸地化してそこに水を流すという仕組みが不可欠でした。

水はけをよくするために掘割を作り、掘り上げた土を盛ることによって陸化することで、少しずつ少しずつ、弥生時代より生活の基盤を築いてきたのです。

人々は掘割へ雨水をためることで、飲料水や生活用水、農業用水として利用してきました。

今では観光に欠かせない一面を持つ掘割ですが、不利な土地柄とうまく付き合い、「自然の大きな循環の中に人間もいる」ということを忘れなかった先人の知恵と努力の賜物が掘割です。


柳川の人々は掘割を舟でいくことを「川下り」と呼びます。
町のいたるところに掘割の船着場があります。かつては一家に一艘舟を持ち、交通手段として利用されていました。

御花の敷地内にも船着場が2つあります。
御花の正門にあるのは大昔に移築された門付きのもので、
当時のままに残される貴重な文化財です。
御花のお客様が利用できる特別な門であり、花嫁舟を迎える門でもあります。

門の向こうから船頭さんの呼ぶ声が聞こえてきます。
さあ、掘割を舟で進みながら柳川の一年を一緒に見てまいりましょう。

柳川雛祭り さげもんめぐり

柳川雛祭り さげもんめぐり

柳川地方に古くから伝わる「さげもん」とは、お雛様と一緒に、天井から部屋いっぱいにさげられる、たくさんの色鮮やかな鞠や人形といった飾り付けです。
御花では「さげもんめぐり」のお祭り期間中、本館の「御役間」を中心に、雛壇とともに「さげもん」が所狭しとさげられます。初節句を迎える一般家庭や、北原白秋生家、商店街などにも、町をあげて盛大に展示されます。特に柳川の雛祭りは、水の郷ならではの「お雛様水上パレード」や「流しびな祭り」をともなう、大イベントとなります。

※さげもんめぐりは、2月中旬頃から4月上旬頃までの期間となります

ご予約

当サイトのみご予約可能なプランもご用意しております。