御花について

御花が受け継いできたもの

江戸時代、柳川藩主立花家の別邸として御花の歴史は始まります。5代藩主立花貞俶が側室や子息たちの住まいを柳川城南西部の「御花畠」と呼ばれていた土地に移しました。

柳川城の二の丸機能を移してきたこの御屋敷は、柳川の人々から「御花」の愛称で呼ばれ親しまれました。

明治時代になると立花家は伯爵家となり、14代当主立花寛治が「松濤園」「西洋館」「大広間」「御居間」「家政局(お役間)」「門番詰め所」等、現在も残る御花の姿の基礎を築きました。

御花は維新、戦中戦後の混乱期を乗り越え、料亭旅館として姿を変えた後も変わらず柳川藩主の末裔、立花家が運営をしております。だからこそ、御花の歴史文化は今も途絶えることなく生き続けています。

立花氏庭園

松濤園

大広間

西洋館

立花家史料館

立花家史料館

ご見学について

開園時間・入園料(松濤園・大広間・西洋館・立花家史料館)

開園時間:10:00~16:00閉館
休館日:各月の営業のお知らせをご確認ください。

ご利用料金 一般 高校生 小中学生
御花入園料 1000円 500円 400円
ご利用料金 御花入園料
一般 1000円
高校生 500円
小中学生 400円

※上記入園料で、松濤園、大広間、立花家史料館へのご入園ができます。
※ご入園料には団体割引の適用はございません。
※立花家史料館は、展示替えによる臨時休館もございます。詳細はこちらをご覧ください。
※ご宿泊のお客さまには無料にてご見学いただけます(チェックインの際にチケットをお渡しします)。

入園に当たって(ご利用案内)

駐車場について

ご宿泊のお客様は、敷地内の宿泊棟(松濤館)前に「宿泊者様専用駐車場」がございますので、そちらをご利用ください。 見学等のお客様につきましては、市営駐車場またはお近くのコインパーキングをご利用ください。


柳川藩主立花邸 御花は全敷地が国の指定名勝であるため、景観と文化遺産を守る目的から敷地内の駐車スペースを縮小させていただきました。ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

喫煙について
屋内・屋外を問わず禁煙です。
特に路上での喫煙やポイ捨ては、固くお断りいたします。
喫煙には、指定された喫煙場所をご利用ください。

御花は、国指定名勝であり、火気厳禁の文化財建造物を擁しています。みなさまのご協力をお願いいたします。

撮影について
一般の方(非商業利用に限る)は、写真、動画ともに、ぜひ撮影を愉しんでいただければ幸いです。
ただし、以下のことにご注意ください。

・ドローンでの撮影は禁止します。
・一脚、三脚などの使用とストロボ等追加照明の使用は他のお客様の鑑賞のさまたげとなりますのでご遠慮ください。
・映画や各種メディアのロケにご利用いただく場合は、撮影料金表をご覧ください。
・七五三衣装などでの撮影は、商業利用・非商業利用とも別途、施設利用料金が発生します。別途、お問い合わせください。

ウェディングに関するお問い合わせ:TEL 0944-75-1060(ブライダル直通) [ウェディング情報]

七五三に関するお問い合わせ:TEL 0944-73-2189(代表)[七五三プラン

宿泊

松濤館(ご宿泊)

宿泊

お食事

料亭 集景亭(個室)

集景亭(個室)

料亭 集景亭ダイニング

集景亭ダイニング

ショップ

御花売店(お花小路)

ショップ

ご予約

当サイトのみご予約可能なプランもご用意しております。