【2食付】名勝庭園を眺めながら愉しむお茶会プラン

【2食付】名勝庭園を眺めながら愉しむお茶会プラン

草木や穀物を育み、日本の建築をしっとりと美しく魅せる梅雨の時期。

御花の名勝庭園である松濤園の松がしっとりと深い緑色となる、梅雨の季節を愛でるためのプランを作りました。

本プランでは、明治後期に整えられた、松が見事な名勝庭園、「松濤園」を貸し切りで愉しめるかつてのお殿様のお部屋で、八女伝統本玉露や6月に新茶の時期を迎える千代乃園の新茶2種を濃茶のテリーヌとともにお召し上がりいただけます。

少しひと休みしたくなる梅雨の時期だからこそ、松の深い緑に癒されながら、ゆっくりとお過ごしいただけます。

※本プランは御花にご到着されてからゆったりとお過ごしいただくため、14時半ごろに御花にお越しいただくプランとなっております。


プラン内容

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□お迎えは西洋館で(14時半までにお越しください)

御花のシンボルである白亜の西洋館へ一歩足を踏み入れると、一気に明治の頃に想いを馳せることができます。
ご到着後は御屋敷のご案内があり、その後チェックインへと移ります。
※文化財の利用状況によっては変更になる場合がございます。

□名勝庭園を眺めながらのお茶会(15時~)

・八女伝統本玉露

20年連続「玉露の部」にて日本一に輝いているお茶です。効率的とは真逆の伝統的な育て方にこだわることで、複雑で深い旨みを守り続けています。まるで出汁のような旨みの強いこのお茶を、御花スタッフによるデモンストレーションで、2煎目まで、そして最後は自家製のポン酢とともに茶葉までお召し上がりいただきます。

・千代乃園の新茶2種と濃茶のテリーヌ

福岡県八女市矢部村でお茶作りを営む「千代乃園」。茶畑のある山々は夏でも涼しく、冬は雪に覆われます。新茶が芽吹く時期が自然と遅くなることから、害虫が少ない地域的特徴を活かし、農薬不使用・化学肥料不使用での自然に近い丁寧なお茶の栽培を行っています。だからこそ薫り高く、口に含んだ時にスーッと体に浸みわたり、体が求めるようなお茶に仕上がっています。

□ご夕食

訪れた柳川の季節がより愛おしく感じていただけるような
月替りの会席料理を味わっていただきます。
一品一品がうつくしく、御花自慢の優しいお出汁の味をお愉しみください。

□縁側ラウンジ
280本の黒松が迎える松濤園。
夜しか見ることのできない名勝庭園の姿を
フリードリンクを愉しみながらご覧いただけます。
*19時~23時の間でのご利用となります。

□ご朝食
満ち足りた朝を感じていただくため、
有明海の魅力を詰め込んだ朝食となっております。
御花自家製の明太子を有明海の一枚海苔でまいてお召し上がりください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□朝のコーヒーラウンジ
松濤館1Fのカフェをご自由にご利用いただけます。
翌朝のお散歩帰りご朝食後などにご利用ください。
・ご利用時間 6:00~10:00

□お風呂
「芍薬の間」・「黒椿の間」にご宿泊のお客様は
館内の貸切風呂をご利用頂けます。

□立花家史料館見学チケットプレゼント
実は国宝1点、そして福岡県の半分の重要文化財を保有している史料館です。
立花家の歴史がわかります。

人数を選択してください
Now Loading ...
(税込)