生きる歴史に出会う旅

柳川藩主立花邸 御花 Since 1738

生きる歴史に出会う旅

柳川藩主立花邸 御花 Since 1738

生きる歴史に出会う旅

柳川藩主立花邸 御花 Since 1738

生きる歴史に出会う旅

柳川藩主立花邸 御花 Since 1738

生きる歴史に出会う旅

柳川藩主立花邸 御花 Since 1738

生きる歴史に出会う旅

柳川の殿様屋敷に泊まる

生きる歴史に出会う旅

柳川の殿様屋敷に泊まる

生きる歴史に出会う旅

柳川の殿様屋敷に泊まる

生きる歴史に出会う旅

柳川の殿様屋敷に泊まる

生きる歴史に出会う旅

柳川の殿様屋敷に泊まる

Concept

「大名家のファミリーヒストリー」に触れるひととき


絶えることなく、今ここに息づく歴史を感じて。

国指定名勝に指定され、泊まれるお殿様屋敷は日本でただ一つ。

そんな「御花」を拠点とし、
今を生きる藩主の末裔たちが守り、紡いできた歴史、文化に触れる。
いつもの観光とはひと味違う体験をお届けします。

立花家とは

水郷柳川の土地で大名家として誕生した立花家。初代から数えて約400年の時が流れた今でも、地域に貢献したいという思いで活動を続ける人々がいます。

農業で地域を豊かにした先代の意思を継ぐ、伯爵農園の農園主である17代。今も残る殿様屋敷である文化財を今も守り続ける18代。先祖を祀る神社の宮司を務める

この柳川の地で文化財や文化を次世代に紡ぐ彼ら末裔との出会いが、普段の観光とは異なる、深い日本文化、地域文化を知る機会をお届けします。

株式会社御花 代表取締役社長

立花 千月香

初代から数えて、約400年の歴史が立花家にはあります。

関ヶ原の戦いで領地を手放し、20年後再びこの柳川に戻ってきた初代柳川藩主 立花宗茂。現在の「御花」の基礎となる邸宅を整備し、東京で学んだ農学の知識を活かして、筑後地方の農業振興のために私財で農事試験場をつくった14代目。そして、御花を残していくために料亭旅館を始めた16代目。

その長い長い年月の中で育まれ、柳川という地域とともに立花家が紡いできた歴史・文化を、100年後もその先もつなげていきたい。
このプランはそういった強い思いから生まれた、普段の宿泊プランとは一味も二味も違うとても特別なものになっています。

御花だけではなく、かつて柳川藩だった地域にある、ここにしかない生きる歴史を私たち末裔がご案内いたします。
お会いできることをとても楽しみにしております。

殿様屋敷に泊まる

柳川藩主の別邸として、家族と過ごすために築かれたこの御屋敷は、柳川の人々から「御花」の愛称で呼ばれ、古くから親しまれてきました。

現在も残る和洋折衷の近代和風建築である西洋館、大広間、御居間は約100年前に建てられました。敷地全体7,000坪が国指定名勝に指定されており、国指定名勝の中に宿泊ができるのは日本唯一です。

「松濤園」という優美な日本庭園には、クロマツが繁り、水鳥が戯れ、訪れる人の心を癒します。
そんな美しい文化財を、朝そして夜、この空間を貸し切りで過ごせるのは、ご宿泊のお客様の特権です。

料理

日本一の干満の差が生み出す豊かな海、有明海と、肥沃な筑後平野。

柳川はその自然環境により、古くから豊富な食材に恵まれた土地です。

立花家もその恩恵を受け、争いのない豊かな地域だったからこそ400年もの間、途絶えることなく歴史を紡ぐことができました。

そして、立花家は伯爵家時代に、農事試験場を作り、この地の発展を願い、多くの品種を育て、この地に合う農作物を研究していました。それらの野菜や果物は現在も地域の特産として根付いています。

そんな柳川に根付く食材同士のコラボレーションをお料理でお楽しみいただきます。

体験

いつもの旅では味わうことのできない、立花家の末裔から語れることによって生まれる、より深い文化体験を。

大名家の公式行事として育まれた能を大広間で愉しみ、夜の庭園で風土や立花家のストーリーを知るドリンクを。そして、朝の澄んだ水郷柳川の景色を眺めながらお舟で朝食をいただく・・・

立花家400年の歴史の中で育まれた大名文化。
時代を経てなお、地域に今も残る文化とその紡いできた想いに触れる。

それこそがこのプランの醍醐味です。

大名家の儀式である能

能は、大名家のアイデンティティを表すために育まれ、儀式として欠かせないものでした。

そして、伯爵家となってから建てられた100畳の大広間の畳の下には、今でも能舞台があり、明治維新以降もいかに愛されてきたかがわかります。

殿様屋敷で見る能。それこそが当時のお殿様の心に触れる、特別な体験です。

立花家ゆかりの三柱神社

初代藩主、立花宗茂を祀っているこの神社には、先代の想いを継ぐ立花家18代が宮司を務めています。
18代と境内をまわり、旅の安全祈願を宮司より行います。

和のラウンジ

殿さまも愛した夜の美しい庭園を、100畳の大広間から眺めて。

立花家18代の御花代表とお話しいただきながら、柳川の風土や立花家の想いを知るスペシャルドリンクを愉しむ夜をお過ごしいただけます。

伯爵家農場

明治の頃に日本でいち早く農事試験場を作り、日本の近代農業の発展の礎を作り柑橘の歴史を生んだ立花家。


柳川の土地に合う野菜や果物を研究し、積極的に取り入れたことから、現在も地域の特産として沢山の農作物が根付いています。

そんな農園の歴史を継ぐ、立花家17代とお話しながら農園散策を楽しみます。

お舟で朝食

朝はお舟に乗り、気持ちの良い朝日を浴びながら水郷柳川の移りゆく情景とともに朝食を。

船頭さんのお唄を聞きながら、目の前に広がる美しい朝の景色は格別です。

線香花火づくり体験

元々柳川藩の火薬をつくる職人が住む地域で、現在は線香花火を作り続ける製造所にて線香花火制作体験ができます。

線香花火を国内で作っている製造所は現在4軒ほどしか残っておらず大変貴重です。

※こちらはオプションツアーです。DAY3のチェックアウト後に体験可能です。

刀体験

柳川藩お抱えとして発展してきた刀鍛冶を御花に招き、実際に刀を持って波紋を愉しんだり、試し斬りを見ることができます。

※こちらはオプションツアーです。DAY3のチェックアウト後に体験可能です。

プラン概要

DAY1 Welcome to “Ohana”
※お迎えについて
福岡空港等へのお迎えをご希望される場合はオプションとなります。
・三柱神社でスタッフとMeet(午後1時)
・三柱神社で参拝
・川下りで御花へ
・お舟でcheck in(午後3時半ごろ)
・最高級日本茶 地元の八女茶でウェルカムドリンク
・御花内ガイドツアー
・和会席の夕食
・夜の庭園を眺め末裔と語らう特別なバータイム

DAY2 立花家の文化に触れる
・朝:庭園を眺めながら個室で朝食
・17代がご案内する伯爵家農場
 └ランチは農場の自然の中で
・立花家史料館見学
・特別な能舞台で能を堪能
・西洋館で夕食


DAY3 旅の締めくくりに最高の朝を
・お舟で朝食
・旅の締めくくりには文化財を眺めながら18代と語らう
・check out(11時)

Access

飛行機でお越しの場合

電車でお越しの場合

お車でお越しの場合

料金

期間 2泊3日 484,000円~(税込・サービス料込)

食事(朝食2食、昼食1食、夕食2食)宿泊(部屋代)
ツアー行程に含まれる体験付き

※オプションについては費用に含まれておりません。

お問合せについて

詳細を知りたい方は下記お問合せフォームよりご連絡お待ちしております。