【2022年秋開催】殿様屋敷で堪能する「能」公演

【2022年秋開催】殿様屋敷で堪能する「能」公演 
11月には久留米藩有馬家×柳川藩立花家コラボ企画も実施

柳川藩主立花邸 御花(所在地:福岡県柳川市新外町1番地/代表取締役社長 立花 千月香)は、日本の伝統芸能である「能」を能舞台としても使われてきた大広間にて、能を鑑賞できる宿泊や食事付きプランを20229月、10月、11月の各月1回ずつテーマを変えて開催、9月、10月の公演の予約は2022728日よりスタートいたします。一般向けの公演は、約14年ぶりの開催となります。

 

能の鑑賞プラン企画背景

大名家にとって能は、武家文化を表す「式楽」としてとても大切な儀式でした。柳川藩主であった立花家も能を大切に継承しており、代々「喜多流」の能を守ってきました。多くの能面や能装束等が残っていることからもいかに能が大事だったかが分かります。また元々殿様屋敷であった御花では、現存する明治期の建物の中に能舞台が残っており、通常の能舞台とは違い、大名家の嗜みをより間近に感じることができる場所です。

かつて、殿様が嗜んでいたような体験を再現し、立花家と能の歴史的な背景を感じながら、非日常の感動を提供したいという思いから今回のプランを企画しました。

 

 (公財)立花家史料館蔵


9月〜11月で各月1回ずつ開催。テーマの異なる「能」を嗜む

9月〜11月と各月1回ずつ開催する能公演では、それぞれテーマを変え、殿様屋敷にて様々な角度から能を鑑賞する贅沢なプランをご用意しております。

9月の公演は、能と食を愉しむ会です。宿泊だけではなく、食事と能がセットになったチケットも販売します。能を初めて鑑賞する方でも愉しめるプログラムになっております。

10月の公演は、宿泊者限定のプランで、狂言に焦点を当てたプログラムです。お客様自身が体験する時間を多くとっており、より深く能について理解の深まるプランとなっています。

11月の公演は、久留米藩主有馬家とのコラボ企画となっており、ともに「喜多流」の能を継承してきた大名家の末裔同士で行う貴重な公演になっております。

※写真は昨年行ったモニター向けの公演の様子。

 

■概要

9月能公演 「能」と「食」を愉しむ会

開催日時:2022927日(火)17:0021:00(予定)

価  格:食事付きプラン 133,000円〜(税込・サービス料込)

     宿泊プラン:12食付き 71,315円〜(21室の場合、税込・サービス料込、宿泊税込)

定員:40

予約: https://ohana.co.jp/pages/noh (7月28日13時~開始)

 

10月能公演 「狂言」を体感する会【宿泊のみ】

開催日時:20221019日(水)17:0021:00(予定)

価  格:宿泊プラン:12食付き 93,315円〜(21室の場合、税込・サービス料、宿泊税込)

定員:20

予約: https://ohana.co.jp/pages/noh(7月28日13時~開始)

 

11月能公演 「久留米藩 有馬家×柳川藩 立花家 特別公演」

開催日:2022118日(火)(予定)

詳細:後日発表

ご予約

当サイトのみご予約可能なプランもご用意しております。